日本青果包装株式会社

大切な自然を未来へ。ダンボールは地球にやさしい素材です。

代表者挨拶

地域の皆様と共に歩みます

日本青果包装は、1967年(昭和42年)徳島県の青果物の包装を担うために設立されました。
以来、40年以上徳島県の農業生産者の皆様とともに歩み苦楽をともにしながら、地域の皆様にささえられ発展してまいりました。 その活動は、地域社会から認められ、農業生産者のためをベースにおきながら、地域の他業種とのお付き合いへと発展しております。
これからも、コンプライアンスを念頭に、ものづくりにほこりをもち、安全かつ環境に配慮した生産活動を通じて お客様、地域社会に貢献してまいります。
引き続き絶大なるご支援ご指導よろしくお願いいたします。


日本青果包装株式会社 代表取締役社長 弘中 明


このページのトップへ